■事象
ファイルサーバー(共有フォルダ)にアクセスできない。


■状況
ホスト名(コンピューター名)での接続が不可で、下記のエラーが発生。
"<コンピューター名>にアクセスできません。このネットワークリソースを使用するアクセス許可がない可能性があります。アクセス許可があるかどうかこのサーバーの管理者に問い合わせてください。

ユーザー名が見つかりません。"

IP指定での接続は可。
pingはも通る。


■解決
元々の資格情報が間違っている場合があるので、資格情報を削除します。

 

※解説

実は、エラーメッセージの、上の部分は共通で、いろんなエラーの際に表示されるが、"ユーザー名が見つかりません。"という所がポイントになっています。存在しないユーザー情報が、資格情報として登録されてしまっている可能性があります。



■手順
「コントロールパネル」 → 「資格情報マネージャー」 → ホスト名を選択し、「資格情報マネージャーから削除」を選択。 → 再度ホスト名でファイルサーバーに接続。 → 認証情報が聞かれるようなら、ホスト側に接続できる正しい情報を入力。

 

 

 

以上となります。

デット エンド

[デット ライン]

 

このインディーズ時代の名盤が、ジャパメタだ。

 

デットエンドは、4枚とも大好きだ。

 

このアルバムは、書いておかないと駄目だろう。

 かっこいいのだ、当時何回聴いただろう。

 

まだ当然カセットテープの時代だ。

 

このバンドは、ギターのYOUかな。

好きなギタリストだ。

ボーカルの声は、好みかな。あまり自分は好きではない。

 

 最後のアルバムとなった

4枚目の、[ゼロ]も、かなり頑張って聴いた、。

さすがにびっくりする曲だったが、今聴くとなんも違和感がない。

 

逆に今だと1番だ。

 

デットエンドのトリビュートアルバムもリリースされている。

 

ラルクのhydeや、ルナシーの河村隆一など有名人が、デットエンドの名曲を歌う。

 

なんて贅沢なアルバムだ。

hydeなんて、初めわかんないくらい寄せてきている。

 

このバンドは、ファッションから独特で、世界観を作ることに、長けていた。

メジャーになってから、独自のジャンルを作り上げたバンド。

 

このジャンルが、ヴィジュアル系と言われる元祖かな。

 

このバンドは、再結成してアルバムも出している。

 

何故か、この再結成後のアルバムが駄目だ。

確かにデットエンドなのだが、どうしたか?聴けない。

聴けないレベル。

 

なんか、メロディーが自分と合わない。

 

とはいえ、4枚は、どのアルバムも良い。特に今日の一枚は、名盤だから是非。

 

 

 

 



私が働いていたベース(在日米軍基地)の施設は、馬鹿げたドラマに満ち溢れていて、従業員達はゴシップに事欠くことは決してありませんでした。

f:id:usmilitarybase:20150126071608j:plain

トップに立っていた人間が堂々と特定の人種を贔屓するような人でしたから、ピラミッドの下の方にいた私達はひぃひぃいっていました。
ただ彼のあからさまなフィリピン人贔屓は、泣き寝入りしないと決めたある日本人従業員が、ベースの人事を統括している場所に苦情を申し立てたところ、表向きにはすぐに改善されました。私はそんなところで働いていたのですよ。
働き始めてすぐに気がついたことは、ここの従業員(特にフィリピン人女性)達の辞書に同僚という言葉はないということ。敵か味方か。そして彼女達にとってもっとも大切だったのは、こいつは使えるか使えないか、ということ(これに関してはまた後日詳しく投稿したいと思います)。
フィリピンの人達って南の島の人達特有の明るさがあるから、からっとした人達というイメージを持っていた私達には、これは大きなカルチャーショックとなり、国際色豊かな労働環境というのはただの幻想に過ぎなかったのだと学びました。やっぱり実際に働いてみないとわからないことってありますよね。 それがわかっただけでも面白いと思えました。だってそこはまるでちょっとインターナショナルな大奥みたいなところだったのですから。
彼女達は日本人従業員に対しては、常に「XXが処理を間違えたからそうなった」「それは△△の仕事だ」とミスをなすりつけ、蹴落とすことばかり考えていました。もちろんそうでないフィリピン人女性従業員もいました。そういう素晴らしい人達についても、後々書いていきたいと思います。

助け合うという言葉は、日本という異国に出稼ぎでやってきている同郷の者同士の間でしか有効ではないように思えるほど、彼女達の固い結束力も目にしました。
だけどこんな誰を信用していいかわからないような労働環境の中でも、やはりそういうものに興味を持たず、我が道を行く従業員達もいたんですね。
そしてその人達と時々飲むようになり、今でも時々集まるほど仲良くしています。私を含めてたった四人の集いだったのですが、彼らと集まって話していて気がついたことがあります。 それはこんな風にトップから腐っている環境の中で、汚れずに、濁らずにいるために必要なのは、強さと鈍さという二つの資質であるということ。どっちか一つでもいいのかもしれないけれど、やっぱり二つあった方がいいです。<続く>

最近は日本語スパム多いなと思う今日この頃です。

れっぺーれ?? (210.165.***.**)
これ始めた時は女の子○○○る事出来ないと思ってたけど慣れると簡単だな^^
自信ついたし××××し貰った金で車買えたしもう言う事ないわー(>_<)
ちなみに昨日××た子、○○○た瞬間に「れっぺーれ!!」って叫びながら白目むいちゃってどうしようかと思ったよwwwwwwww

れっぺーれ!!ってなんだよwwwwwwwwwwwwwwww
「れっぺーれ??」ってこっちのセリフだわ!

お久しぶりです、修旅から帰還してすぐに風邪をひいた東急川越です。


最近修旅はじめ色々あって更新が滞っておりました。

そして昨日38度の熱出したんでそろそろ体が限界まできてたみたいで。

ま、修旅の代休のおかげで欠席つかずにゆっくりできたので助かりました。


前にアイドル見るのが呼吸さんに

https://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E6%96%87%E7%AB%A0%E5%8A%9B%E3%81%AE%E6%95%99%E5%AE%A4-%E8%8B%A6%E6%89%8B%E3%82%92%E5%BE%97%E6%84%8F%E3%81%AB%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B%E3%83%8A%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%BC%E5%BC%8F%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E5%94%90%E6%9C%A8-%E5%85%83-ebook/dp/B013DX94FC

この本を紹介されました。

そして遂に購入できたので、読んでいるところです。

今はここを更新するよりも読むことを優先すべきだと思ったのでとりあえず明後日の柏までは更新しないと思いますのであしからず。





おい広島、あんな負け方しちゃだめだよ。

流石に12球団どこも贔屓してない私でも素直に日ハムおめでとうって言えないやん。

やっぱし今の日本で贔屓するならNPB審判部。

石神井公園♪

2018/04/09

f:id:rakbaimai2:20170503111604j:plain

何年ぶりでしょうか?

石神井公園へ行きました.

EF70-200mm F2.8L IS II USM ISO 100 f4 1/200

f:id:rakbaimai2:20170503111654j:plain

妻の免許更新、ゴールド免許になり喜んでおりました.

石神井警察署から歩いて10分程なんですね.

EF16-35mm F2.8 L III USM ISO 100 f5,6 1/160

f:id:rakbaimai2:20170503111807j:plain

家族でのんびりと公園を散歩するのも楽しいです.

心地良い時間ですね.

EF70-200mm F2.8L IS II USM ISO 100 f5 1/200

f:id:rakbaimai2:20170503111834j:plain

僕が一番好きな過ごし方、ほのぼのとした時間です.

来年は乗ろうね

f:id:rakbaimai2:20170503115500j:plain

東京は練馬区で育った僕、初めての目黒川.

ポカポカ陽気時々ひんやり風が心地良いです.

EF70-200mm F2.8L IS II USM ISO 100 f6,3 1/500

f:id:rakbaimai2:20170503120022j:plain

『桜が綺麗だね~』っと皆さんが微笑みます.

ほのぼのとした時間、良い感じです.

EF16-35mm F2.8 L III USM ISO 100 f7,1 1/250

f:id:rakbaimai2:20170503115730j:plain

『本当に綺麗だな~』っと呟いてしまいました.

目黒川、綺麗ですね

製作中…

2018/03/10

f:id:amanedoll:20160911080953j:image

f:id:amanedoll:20160911081004j:image

f:id:amanedoll:20160911081012j:image

目を入れて組み立てました。

 

自作の目はどうしてもイメージが合わず、今回は市販の目を使うことにしました。

 

やっぱり何回か作ってみないと駄目だなぁ…

また違う人形で挑戦します。

 

講談社現代新書、町田健著。なんか最近入門書ずいていて、今回読んだこれもソシュール言語学の入門書、というってもしっかりと調べなおかつわかりやすい表現、広範な言及領域など非常によく出来た出来。佳作。

フィンランド航空で帰国します。

f:id:TOMOYASU:20170218095216j:image

安定飛行になってから夕食が提供されました。

f:id:TOMOYASU:20170218095229j:image

鶏肉か豚肉が選択出来ました。鶏肉の主食がマッシュポテトでした。ともちゃんはご飯が食べたかったので豚肉を選びました。 

f:id:TOMOYASU:20170218095241j:image

中華風の味付けです。ご飯は短粒種でしたので、日本で食べるご飯と同じ美味しさでした。左の中華風味のおかずですが、具材が細かく切られていて、食べにくかったです。 

f:id:TOMOYASU:20170218095251j:image

 デザートのケーキは、シナモン風味のケーキでした。 

f:id:TOMOYASU:20170218095301j:image

 そして、アイスクリームが提供されました。フィンランドのアイスクリームでしょうか?ともちゃんが見たことのないパッケージです。 

f:id:TOMOYASU:20170218095312j:image

中を開けてみると、バニラビーンズが入っていました。バニラの香り豊かなアイスクリームで、美味しくいただきました。 

f:id:TOMOYASU:20170218095342j:image
ロシアを抜ける頃、朝食が提供されました。 

f:id:TOMOYASU:20170218095335j:image

オムレツとソーセージとジャガイモの朝食でした。

f:id:TOMOYASU:20170218095358j:image

いつも変わらぬ機内食のオムレツの味でした。

今日は、春一番が吹いていたんですね。強風の影響で着陸を1度やり直して、無事に日本に降り立ちました。今日は暖かな1日ですね。ロシアから帰国したのでなおさら暖かく感じました。