かつては、ガソリンにかかる揮発油税は、道路特定財源といって道路事業だけに使える目的税でした。

これに対し、そんな特別なことをするから「あちこちに無駄な高速道路が作られるんだ」という批判の嵐が出て、今は、何にでも使える一般財源になっています。

 

しかし、ここで、とんでもない誤った報道が闊歩していました。

この道路特定財源で「高速道路」は作られいなかったのです。

道路特定財源は、国道、県道、市道などの所謂、無料で走れる一般道の建設、整備、維持管理の為に使われる財源だったのです。

全く誤った情報に基づく、批判の果に揮発油税は、一般財源化したわけです。

 今、あちこちの道路で橋やトンネルの老朽化、維持管理の不十分が、「批判」として、報道されていますすが、その根本的、初源的な原因はここにあるわけです。

 

さて、それでは、高速道は誰のお金で建設されていたのでしょう?

それは、高速道路料金です。

住宅ローンと同じと考えて下さい。

長期ローンを組んで借金をし、高速道路料金でその返済を行うという仕組みになっていました。

 

道路特定財源の廃止と同時期に高速道路無料化も進められようとしていました。

これは、まったくメチャクな話だったんです。

高速道路無料化するということは、借金返済の宛にしてい料金収入がなくなりますから、それは「税金」で返すといことです。

 

全く矛盾した政策があたかも正義のように報道されていた時期があったという事です。

道路特定財源の廃止は実行されました。

高速道路無料化は人気取り政策としてまだくすぶっています。

 

厳しい財政のなか、冷静、正確な情報のもとに、人々が理解されることを願います。