たのしく拝見しました。

megamouth.hateblo.jp
megamouth.hateblo.jp

 

 

「IT企業」という大きそうな主語にかぎらず、「5人のスタートアップ」でもそうだろうし、最小単位でいえば「夫婦」「親子」まで当てはまる話。

 

個人的見解、解決案は3つ。

 

  • 「人の壁」をただしく理解し、壊したり乗り越えたりしない
  •  おなじバスに乗って「目線」と「視線」をすりあわせてすすむ
  • 「扇動」しない。「先導」する

 

自分の意見に同調できないその人は、反対から見たら、その人の意見に同調していない自分、なので。


・・・という意識と姿勢で取り組んでるけど、一朝一夕では変わりません。
カイゼンは、魔法でも特効薬でもなんでもなくて、「工夫の積み重ね」だなという結論は変わっていません。

 

あのピクサーでさえ「人の壁」があって業務改善しなくて、会社が潰れかけたのだから心配ないです。じりじりやっていきましょう。 

ピクサー流 創造するちから―小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法

ピクサー流 創造するちから―小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法

  • 作者: エド・キャットムル著,エイミー・ワラス著,石原薫訳
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2014/10/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (11件) を見る