アシアナ航空は第4次産業技術適用の一環として22日から客室乗務員教育にバーチャルリアリティ(VR)教育を導入したと23日に明らかにした。

VR動画を利用したA350機種体験過程をキャビン乗務員の初期/定期教育に新たに追加した。

「A350VR機種体験教育」は客室乗務員がVR映像を通じて機種の構造と特徴を実際のA350に搭乗したように体験させ、A350機種に対する理解度を高め実際の搭乗時に素早く適応できるよう訓練することが目的だ。

今回製作された「A350VR映像」は機内食を準備するギャレー、コクピット、機内非常装備、乗務員休憩室、機内コールシステム、トイレなど、客室乗務員の機内業務に必要な動線に沿って製作され、今後アシアナ航空が保有するA380、B777、A321など7機種すべてのVR映像を製作して教育に活用する計画だ。

アシアナ航空関係者は「2週間にわたりテストのため客室乗務員を対象にA350VR映像体験行事を実施したが、リアルな動画を見て満足度が高かった。今後もVR映像を活用し実践と同じ教育を開発して適用したい」と話した。
http://japanese.joins.com/article/370/229370.html

コメント一覧
コックピットであんなことやこんなこと・・・
日本航空の後追い
地上設備へし折るの?
遺伝子レベルの問題だから意味ないだろ
チョウンの飛行機だろ、のれねーわ
営業運行もVRにすれば事故率下げられそうだよな(´・ω・`)
CAの制服は大韓航空のほうが好み
アシアナの制服はなんだか…喜び組みたいなイメージ
事故が起こったら真っ先に避難しないといけないからな
☆☆☆
☆ 日本人の婚姻数と出生数を増やしましょう。そのためには、年金制度と生活保護を
段階的に廃止して、満18歳以上の日本人に、ベーシックインカム(BI)の導入は必須です。
月額約60000円位ならば、廃止すれば財源的には可能です。お願い致します。☆